7116円 高耐久ラインテープ 青 【サイズ】 幅100mm×30m 厚さ1mm 【材質】PVC 両縁テーパー構造 強粘着 産業・研究開発用品 接着・補修 粘着テープ 作業用両面テープ 高耐久ラインテープ 青 サイズ 幅100mm×30m 厚さ1mm 両縁テーパー構造 PVC 強粘着 材質 ずっと気になってた 7116円 高耐久ラインテープ 青 【サイズ】 幅100mm×30m 厚さ1mm 【材質】PVC 両縁テーパー構造 強粘着 産業・研究開発用品 接着・補修 粘着テープ 作業用両面テープ 【材質】PVC,産業・研究開発用品 , 接着・補修 , 粘着テープ , 作業用両面テープ,高耐久ラインテープ,両縁テーパー構造,7116円,厚さ1mm,www.alancampos.rocks,【サイズ】,/candiru646646.html,幅100mm×30m,青,強粘着 【材質】PVC,産業・研究開発用品 , 接着・補修 , 粘着テープ , 作業用両面テープ,高耐久ラインテープ,両縁テーパー構造,7116円,厚さ1mm,www.alancampos.rocks,【サイズ】,/candiru646646.html,幅100mm×30m,青,強粘着 高耐久ラインテープ 青 サイズ 幅100mm×30m 厚さ1mm 両縁テーパー構造 PVC 強粘着 材質 ずっと気になってた

非売品 高耐久ラインテープ 青 サイズ 幅100mm×30m 厚さ1mm 両縁テーパー構造 PVC 強粘着 材質 ずっと気になってた

高耐久ラインテープ 青 【サイズ】 幅100mm×30m 厚さ1mm 【材質】PVC 両縁テーパー構造 強粘着

7116円

高耐久ラインテープ 青 【サイズ】 幅100mm×30m 厚さ1mm 【材質】PVC 両縁テーパー構造 強粘着

商品の説明

"span"高耐久ラインテープ 青 【サイズ】 幅100mm×30m 厚さ1mm 【材質】PVC 両縁テーパー構造 強粘着

高耐久ラインテープ 青 【サイズ】 幅100mm×30m 厚さ1mm 【材質】PVC 両縁テーパー構造 強粘着

2022/01/10 最新ニュース

【中国】カミンズとシノペック、広東省でグリーン水素生産合弁会社設立。水素エコノミー

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

» 続きを読む
2022/01/10 最新ニュース

【ヨーロッパ】エア・リキードとイベコ、燃料電池商用車開発で提携。水素モビリティ

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

» 続きを読む
2022/01/09 最新ニュース

【イタリア】イタリア工科大学教授ら、生分解性マジックテップの開発に世界で初めて成功

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

» 続きを読む
2022/01/09 最新ニュース

【日本】ヒューマンライツ・ナウ、水産関連11社の人権アンケート結果発表。対応に大きな差

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。新規会員の方は登録を行ってください。

» 続きを読む
【中国】カミンズとシノペック、広東省でグリーン水素生産合弁会社設立。水素エコノミー
2022/01/10 最新ニュース

 米電機大手カミンズと中国石油化工集団(シノペック)は12月21日、中国でのグリーン水素生産で折半合弁会社カミンズ・エンツェを設立すると発表した。中国は「世界の水素工場」の地位を目指しており、欧米大手企業も積極的に中国進出を進めている。  今回の提携では、 (さらに…)

» 続きを読む
【イタリア】イタリア工科大学教授ら、生分解性マジックテップの開発に世界で初めて成功
2022/01/09 最新ニュース

 イタリア工科大学(IIT)のバーバラ・マッツォラーリ教授率いる研究グループは11月18日、生分解性のある可溶性マジックテープを世界で初めて開発することに成功した。論文が国際学術誌「Communications Materials」に掲載された。  今回開発したマジックテープは、 (さらに…)

» 続きを読む
【アメリカ】マラソン・ペトロリアムとADM、大豆由来バイオディーゼル生産で合弁設立
2022/01/09 最新ニュース

 米石油精製大手マラソン・ペトロリアムは12月14日、大豆由来のバイオディーゼル燃料の生産で、米穀物大手ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)と合弁会社を設立すると発表した。社名は「Green Bison Soy Processing, LLC」。  設立する合弁会社の出資比率は、 (さらに…)

» 続きを読む
【中国】スエズ、建設廃棄物リサイクルで浙江省・安吉市と合弁会社設立。江蘇省・常熟市に続き
2022/01/09 最新ニュース

 仏環境サービス大手スエズと中国・浙江省の安吉市は12月22日、合弁会社を設立し、廃棄物リサイクルプラントの建設、運営を行うと発表した。出資比率は、スエズが33%、安吉市が67%。最高水準で環境基準を満たし、年間約38万tの廃棄物処理を行う。  スエズは、 (さらに…)

» 続きを読む
【国際】アメリカ大豆輸出協会、SSAP認証が欧州配合飼料製造者連盟の2021年ガイドラインに準拠
2022/01/08 最新ニュース

 アメリカ大豆輸出協会(USSEC)は12月12日、同団体の大豆サステナビリティ認証「大豆サステナビリティ認証プロトコル(SSAP)」が、欧州配合飼料製造者連盟(FEFAC)が2021年2月に改訂した「FEFAC大豆調達ガイドライン(2021)」への準拠が認められたと発表した。これにより、SSAPは欧州でも信頼性の高い規格と認められた。  FEFACは、 (さらに…)

» 続きを読む
【チェコ】政府、2033年の脱石炭政策発表。前政権から5年前倒し。欧州で22カ国目
2022/01/08 最新ニュース

 チェコ政府のペトル・フィアラ首相率いる新政権は1月7日、2033年までの脱石炭を政策として掲げた。脱石炭を政策目標にしたのはチェコが欧州22カ国目。チェコの現在の電源構成は約40%が石炭火力発電。また国内で採掘された石炭は一部輸出されている。  フィアラ政権は12月に誕生しているが、すでに前政権時代の2020年に政府は「石炭の将来に関する国家委員会」を創設。答申結果として、2033年、2038年、2043年の3つの時期を示したシナリ [...]

» 続きを読む
【中国】独コベストロ、寝具大手シノマックスにバイオ由来ポリウレタン供給。サーキュラー化
2022/01/08 最新ニュース

 ドイツ化学大手コベストロは12月23日、中国寝具大手シノマックスに対し、植物由来のトルエンジイソシアナート(TDI)を原料として生産したポリウレタンを同社として提供する初の販売契約を締結したと発表した。中国でもサーキュラーエコノミー化が進んできている。  TDIは、 (さらに…)

» 続きを読む
» ニュースの一覧を見る
» 事例を見るの一覧を見る
【環境】2021年の世界CDP Aリスト企業一覧 〜気候変動・ウォーター・フォレストの3分野〜

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは12月7日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野での2021年度Aリスト入り企業を公表した。CDP気候変動では、今回272社がAスコアを取得。昨年の270社から2社増えた。3分野全てでAリスト入りした企業も世界で14社と過去最多となった。  3分野の国別A取得社数は、日本が55社で首位。米国29社、フランス22社、英国14社、ドイツ12社と続く。日本企業でAリスト入 [...]

» 続きを読む
【戦略】波紋広がる中国・習近平総書記の「共同富裕」政策 〜思想の背景とその影響〜

 習近平中国共産党中央委員会総書記が8月17日に中国共産党中央財経委員会での演説の中で提唱した「共同富裕」政策。その後、中国の大手企業も相次いで呼応する声明を出したことが大きな波紋を呼んでいる。「共同富裕」とは何かをあらためてみていこう。 「共同富裕」とは?  「共同富裕」とは、もともとは、1950年代に毛沢東氏が社会平和を目指して揚げたスローガン。しかし、その後、第2世代最高指導者の鄧小平氏は、一部の人が先に金持ちになれるような経済 [...]

» 続きを読む
【金融】世界と日本のESG投資「GSIR 2020」の統計。世界のESG投資割合は35.9%に伸長

 世界のESG投資額の統計を集計している国際団体のGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は7月14日、ESG投資の統計報告書「Global Sustainable Investment Review(GSIR)」の2020年版統計を発表した。GSIAは、同報告書を2年に一度発行しているが、2020年統計の発表は2021年に遅延した。  GSIAには現在、世界各地域のESG投資協会7団体 [...]

» 続きを読む
【金融】グリーンシル問題とは何だったのか?〜サプライチェーン・ファイナンスの事の顛末〜

 ロンドンを拠点とする金融会社グリーンシル・キャピタルが3月8日、裁判所に経営破綻を申請した。同社は、サプライチェーンでの決済を融通するサービス「サプライチェーン・ファイナンス」の世界最大手のひとつだったが、「深刻な財政難」に陥って崩壊した。この問題は一体どのように始まり、そしてどのような影響をもたらしているのか。 グリーンシル・キャピタルとは  グリーンシル・キャピタル(以下グリーンシル)は、オーストラリア人金融家のレックス・グリー [...]

» 続きを読む
【エネルギー】日本の発電力の供給量割合[2021年版](火力・水力・原子力・風力・地熱・太陽光等)

近年、地球温暖化対策への関心が世界的に高まっており、カーボンニュートラルやESG投資に関する取り組みが世界各地で行われています。2020年10月、日本は2050年までにカーボンニュートラルになることを宣言しました。2021年4月には、菅首相が地球温暖化対策推進本部および米国主催の気候サミットにおいて、日本が2030年度までに温室効果ガスを2013年度比で46%削減することを目指すと発表しました。日常生活でもSDGsに関しての取り組みや [...]

» 続きを読む
【ランキング】2021年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」

 毎年1月が恒例の世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)は、2021年新型コロナウイルス・パンデミックの影響で5月にシンガポールでの開催に延期となり、替わりに1月25日からミニ版のオンライン・イベント「ダボス・アジェンダ」が開催された。  毎年のダボス会議の目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する「Global 100 Most Sustainable Corporations in the Wo [...]

» 続きを読む
» 体系的に学ぶの一覧を見る
【インドネシア】世銀、インドネシア政府に石炭火力の段階的廃止を推奨。再エネへ転換

 世界銀行は12月16日、インドネシア経済の見通しを分析したレポートを発表。石炭火力発電の段階的な廃止と再生可能エネルギーの拡大を推奨した。  同報告書は、 (さらに…)

» 続きを読む
【12/1:無料ウェビナー】DNV、今さら聞けないESGファイナンス講座開催

 グリーンボンドをはじめとした「ESGファイナンス」というキーワードはニュース等メディアで大々的に報道されておりますが、未経験者には具体的にどのようなことが実施され、どの程度の負担があるのか等、まだ分からない事項が多くあるというご意見も寄せられております。  これを踏まえて本セミナーでは現在のESGファイナンスのトレンドから、ファイナンスの種類およびその評価方法など理解し、実際に発行体事業者様の経験談を把握頂くことで、参加者が具体的な [...]

» 続きを読む
【10/21:ウェビナー】セキュリティーと人権、ビジネス~複雑な環境でビジネスを行う~

 「国連ビジネスと人権に関する指導原則」が制定されて、今年10周年を迎えました。これに先立ち、日本政府は昨年、『「ビジネスと人権」に関する行動計画(2020-2025)』を策定し、ビジネスを行う上での人権の尊重の更なる促進を目指しています。企業は、人権における自らの責任をより一層認識しなければならない時代に突入しました。いまや多くの企業が、グローバルな枠組みやイニシアティブに沿った企業方針を採用し、サプライチェーンを含め、自社のオペレ [...]

» 続きを読む
【10月,12月@東京,オンライン資格講習】英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習を開催!

グローバル企業に必須のCSR/サステナビリティとは?第27~28回英国CMI認定サステナビリティ(CSR)プラクティショナー資格講習  世界のCSR/サステナビリティ分野では非常に大きな動きが起きています。欧米の先進企業は、地球規模で発生している気候変動などの環境課題への対応、またサプライチェーンを取り巻く環境問題、そして人権問題に対応するために、地球課題としての持続可能な開発目標(SDGs)や2030アジェンダをも踏まえたCSR/サ [...]

» 続きを読む
【10/5:ウェビナー】食品企業の栄養アクセス・インデックス(ATNI)ローンチイベント

 今年の12月、栄養に関する国際会議「東京栄養サミット2021」が日本で開催されます。栄養不良がもたらす経済損失は年間3.5兆USDにも達すると推測されており、投資家を始め多くの関係者が関心を高めています。  サミットの開催に先立ち、「栄養・食事・健康に関する投資家要望」の策定者であり、世界最大手の飲食メーカーの取り組みを評価したGlobal Index 2021を今年ローンチしたAccess to Nutrition Initiat [...]

» 続きを読む
【10/5:ウェビナー】環境省 × Jリーグ連携協定イベント キックオフセミナー 〜環境省とJリーグの連携がもたらす可能性とは?〜

 脱炭素社会や資源の再利用などに取り組む循環型の経済社会、自然との共生に取り組むなどの分散型社会への移行に向けて、普及活動などでの連携を促進していく方針を打ち出しました。  今回のキックオフセミナーでは、「そもそも、なぜ環境省とJリーグが連携協定を締結したのか?」について、環境省、Jリーグの担当者から、協定に至った背景や込められた想いについて共有させて頂きます。また、メインの基調講演では、ESG投資やサステナビリティ経営の専門家でもあ [...]

» 続きを読む
» おすすめ情報の一覧を見る
ページ上部へ戻る